塾開業する前に必要な資金準備と事業計画【コスト削減方法】

男性達

魅力のポスを紹介

レジスター

クラウドポスの仕組みとは

レガシーPOSはレジと一体化しているもので、値段が10万円以上になります。また、中には100万円クラスのものも売っています。初期費用がかなりかかってしまうのが難点ですが、商売が楽になる特徴があるでしょう。そんなPOSは今、新時代に突入していてタブレットを使用したものが主流になりつつあります。市販されているタブレットPCに専用のPOSアプリをインストールするだけなので、費用がタブレット本体代金とPSOアプリの月額利用料金だけで済みます。企業や個人事業主にとってはありがたいもので、初期コストが大幅に安くなっています。数万円あれば導入でき、アプリ自体の料金はプランで変化するのです。会社規模が小さいときは安価なプランから始める事ができ、大きくなればオプションやプラン変更で機能拡張をできるメリットがあります。こちらのタイミングで費用を節約できる仕組みなので利用者にとっては便利な商品といえるでしょう。機能も充実しており、タブレットで注文を受け付けるとそのデータがクラウド上にバックアップされます。データはパソコンからリアルタイムで確認できるので、今お店がどんな状況なのか把握できる特徴も持つのです。どんなお客さんにどれくらいの商品がいつ売れたのかを把握できるので、経営戦略を組み立てるときにも役立ちます。POSを導入するにあたって企業から使い方のレクチャーもあるため、初めての利用者でも安心できるでしょう。